官房長官、こっそり東京離れる…説明も拒否(読売新聞)

 中井国家公安委員長は16日の閣議後の記者会見で、平野官房長官が15日に地元・大阪に日帰りで戻っていたことを明らかにした。

 平野氏は帰阪の予定を公表していなかった。政府の危機管理を担当する官房長官が非公表で東京を離れるのは異例だ。

 中井氏は「(平野氏は)情報が漏れて相手にご迷惑をかけたというので、お断りに行った」と述べた。政府関係者によると、平野氏は16日に発表した「新たな時代の安全保障と防衛力に関する懇談会」のメンバーが事前に報道されたことについて、関係者に釈明するために帰阪したという。平野氏は16日午前の記者会見で事実関係の確認を求められ、「コメントしない」と説明を拒んだ。

 官房長官は大地震や安全保障上の危機に即応するため、ほかの閣僚と違って海外出張などには行かず、東京にいるのが通常だ。不在の場合は、官房副長官が代役を務める。

特別入基料の要件に追加項目を―自治労(医療介護CBニュース)
五木寛之さん、直木賞選考委員を辞任の意向(読売新聞)
<高松高裁長官>富越氏を任命 政府が閣議決定 (毎日新聞)
修行僧が水ごりの荒行に挑戦 墨田区(産経新聞)
政策会議の見直し検討 平野官房長官(産経新聞)
[PR]
by trjtnxpuuh | 2010-02-22 10:43
←menuへ