<もんじゅ>再開微妙に 安全性の説明不十分(毎日新聞)

 高速増殖炉もんじゅ(福井県)の耐震性を審査する経済産業省原子力安全・保安院の審議会の作業会合が4日、開かれた。しかし、運営する日本原子力研究開発機構の安全性についての説明が不十分として、結論を次回に持ち越した。もんじゅの3月中の運転再開は微妙になった。

 この日の会合では、地震で起きる津波の引き波で海の水位が最も下がった時に2分間程度取水できず、非常用発電機が使えなくなる問題などについて委員が質問。原子力機構側は十分な説明ができず、11日以降に開かれる次回会合で改めて説明を求めることになった。

【関連ニュース】
もんじゅ:下請け2社献金 敦賀市長に5年で222万円
もんじゅ:運転再開を容認 原子力安全委
もんじゅ:再開を容認 「安全性確認検討会」が評価書了承
高速増殖炉もんじゅ:県へ運転再開事前協議願 原子力機構
高速増殖炉もんじゅ:運転再開の3者協議、経産相受け入れ

<民主>「七奉行」が会合 参院選に向け意見交換(毎日新聞)
<民主>参院選複数区で候補擁立難航 週内に発表(毎日新聞)
遭難の男女、全員無事=宮城・山形県境の船形山(時事通信)
残業時間、18カ月ぶりプラス=生産持ち直しで−厚労省1月調査(時事通信)
葬祭便宜疑惑の大阪市 斎場職員が死亡 自殺か(産経新聞)
[PR]
by trjtnxpuuh | 2010-03-07 00:20
←menuへ