押尾被告側が準抗告 保釈請求却下で(産経新聞)

 東京・六本木ヒルズのマンションで昨年8月、合成麻薬MDMAを一緒にのみ、死亡した飲食店従業員、田中香織さん=当時(30)=に対する保護責任者遺棄致死罪などに問われた元俳優、押尾学被告(31)の弁護側は10日、保釈請求を却下した東京地裁の決定を不服として、準抗告を申し立てた。

 被告側は今月3日に保釈請求したが、東京地裁は9日、却下する決定を出していた。被告は裁判員裁判で、遺棄致死罪について無罪を主張する方針。

【関連記事】
「無罪主張」押尾学の保釈請求却下される 東京地裁
押尾やっぱり非常識…あきれた保釈請求に元アノ方も激怒
押尾被告、無罪主張へ 弁護人「必要な保護措置取った」
押尾被告、有名芸能人で初の裁判員裁判に
押尾容疑者、10年服役も…容疑否認のまま3度目逮捕

続投に国民の厳しい評価、小沢氏は強気の姿勢(読売新聞)
<個所付け>政府・民主党、資料提出へ 「内示額」のみ (毎日新聞)
【中医協】2010年度診療報酬改定を答申(医療介護CBニュース)
<ハウステンボス>HISが支援決定(毎日新聞)
<ダイキン>リコールの室外機 24台「修理済み」虚偽報告(毎日新聞)
[PR]
by trjtnxpuuh | 2010-02-17 19:14
←menuへ