<   2010年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 鳩山由紀夫首相は30日午後、甲府市を訪れ、山梨大学燃料電池ナノ材料研究センターを視察したほか、同大学の学生との意見交換会などに出席した。今月23日にスタートした地方視察の第2弾。同センターは二酸化炭素を排出しない燃料電池の世界的な研究拠点を目指しており、首相は、渡辺政廣センター長から電池の材料の開発状況について説明を受け、熱心に耳を傾けた。
 首相は視察後、記者団の質問に答え、日本の温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比で25%削減するとの目標に触れた上で、「大変高い目標を掲げたが、高い技術力で克服できるという大きなメッセージを持った研究だと期待している」と語った。
 また、学生との意見交換会では、地場産業の活性化を目的に商品化された、甲州ブドウの搾りかすで染めたネクタイを贈られ、首相がその場で着け替える場面もあった。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美人すぎる市議 藤川ゆり
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
参院選戦略を見直し=「政権に逆風」で積極策
鳩山首相、民主参院幹部と会談

事件当日も行動をマーク=捜査員が女のアパートに−鳥取不審死・県警(時事通信)
新型にも早く効く シオノギが抗インフル新薬(J-CASTニュース)
<朝青龍関>酔って知人突き飛ばす…警察出動の騒ぎに(毎日新聞)
<原発>管理区域内にたばこの吸い殻 敦賀、東海第2、美浜(毎日新聞)
<自民党大会>ノムさん敗因分析「負けに不思議の負けなし」(毎日新聞)
[PR]
by trjtnxpuuh | 2010-01-31 03:20
 平野博文官房長官は22日午前の記者会見で、政府が衆院予算委員会への内閣法制局長官の陪席を自民党に打診したとの一部報道について「事実は全くない」と否定した。
 政府は、与党が官僚答弁を制限する国会改革関連法案を提出する予定であることを踏まえ、今国会冒頭から法制局長官には答弁させない方針で臨んでいる。平野長官は「今、画期的な状態になっているのではないか。生みの苦しみの中で闘う」と、この方針に変わりのないことを強調した。 

【関連ニュース】
朝三暮四は「すぐ変わること」?=鳩山首相、朝令暮改と勘違い
29日に施政方針演説=山岡氏
捜査介入の意図ない=「不起訴望む」発言を撤回
経済、安保で質疑=衆院予算委
政治とカネ、谷垣氏攻め切れず=党首対決も自民内に不満

<火災>事務所兼住宅の一部焼く 1人死亡 大阪・城東(毎日新聞)
<河村名古屋市長>地域委員会投票率「2〜3割あれば」(毎日新聞)
2月を「情報セキュリティー月間」(時事通信)
法政高教諭2人が修学旅行中に体罰、2人けが(読売新聞)
抗精神病薬5成分で無顆粒球症と白血球減少の副作用(医療介護CBニュース)
[PR]
by trjtnxpuuh | 2010-01-29 18:01
 福岡簡裁の裁判官が昨年10月、容疑者国選弁護制度の対象ではない暴力行為法違反容疑で逮捕された男に誤って国選弁護人を選任し、5日後に解任していたことが28日、福岡地裁への取材で分かった。
 同地裁によると、50代の男性裁判官は、拘置手続きの際に男に弁護人の選任について質問。男が請求に同意して、いったん弁護人が選任されたが、5日後に職員がミスに気付いた。
 資力がなく私選弁護人を雇えない起訴前の容疑者を対象とした同制度は2006年に始まり、昨年5月からは窃盗、詐欺など法定刑の上限が3年を超える犯罪にも対象が拡大された。しかし、男の逮捕容疑だった暴力行為法1条は3年以下の懲役だった。
 地裁総務課は「確認が不十分だった。再発防止に努める」としている。 

【関連ニュース】
元競輪選手ら2人逮捕=元社長に面会強要

新規インフルエンザ治療薬ラピアクタを発売―塩野義製薬(医療介護CBニュース)
<火災>木造2階建ての旅館全焼 けが人なし 熊本県長洲町(毎日新聞)
【風】増税は「喫煙者いじめ」?(産経新聞)
京浜東北209系引退で記念入場券16枚セット(読売新聞)
衆院代表質問における主なやりとり 鳩山首相、元秘書起訴「決着した」(産経新聞)
[PR]
by trjtnxpuuh | 2010-01-28 15:53
 大学入試センター試験は17日、全国の725会場で理科と数学の試験が行われ、2日間の日程を終えた。懸念された新型インフルエンザの影響では、季節性を含むインフルとみられる症状で509人が追試験対象となり、対象者全体ではセンター試験で過去最多の961人に上った。北海道では雪による交通機関の乱れで、札幌市内などの9会場で試験開始が1時間繰り下げられ、約1万人の受験生に影響が出た。

 インフルなどによる509人の対象者は昨年の風邪などの対象者123人を大幅に上回ったが、5万人規模の大流行を想定していた大学入試センターは「予想より大変少なく、ほっとしている」とコメントした。

 追試験では、試験開始に遅れた北海道の受験生らが多数対象となった。一方、試験中のトラブルなどによる再試験は、今年は英語リスニングの1人のみで、前年の719人から大幅に減少。追試験、再試験ともに30、31の両日に行われる。

 大雪以外のトラブルでは、長野市の信州大学で理科(1)の試験を定刻より14分前倒しするミスがあった。同センターによると、監督者が誤って定刻前に試験開始を指示。ミスに気づいたが、大半の受験生が問題を開いていたため、終了時刻を14分繰り上げたという。受験生は23人。

 また、同センターは16日に実施した地理歴史の「地理B」の問題中に記述の誤りがあったと発表。ベルギーとスイスの公用語に関して、ベルギーが公用語を制定しているにもかかわらず「制定にいたっておらず」と記述していた。ただし、正解を導く上で支障はないとして、採点上の措置は取らない。

 試験結果については、平均点の中間発表が20日に行われ、得点調整の有無が22日、平均点の最終発表が2月5日に行われる予定。

<人事>人事院(18日)(毎日新聞)
働く母親 交代で子育て “午後6時の壁”クリア(産経新聞)
<センター試験>踏切事故で長野で開始遅れ(毎日新聞)
<教師刺殺>卒業24年後の事件で因果関係認める…甲府地裁(毎日新聞)
<フォーラム>アルコール・薬物依存症克服へ 都内で20日(毎日新聞)
[PR]
by trjtnxpuuh | 2010-01-25 22:39
 【元検事語る(4)】《宇都宮地裁で22日開かれている足利事件の再審第5回公判。午前に引き続き、午後1時からは、捜査段階で菅家利和さん(63)の取り調べを担当した森川大司・元検事に対する証人尋問が行われる》

 《午前の公判では、21日に引き続き、別の女児殺害事件で菅家さんを取り調べた録音テープが法廷で再生された。21日には、テープが再生される最中に、気分が悪くなり一時退廷した菅家さん。22日午前も、DNA型鑑定の内容を突きつけられ、涙で「自白」する様子が法廷に生々しく響くと、机をけって怒りをあらわにする場面もあった》

 《グレーのスーツ姿の森川元検事は午後1時2分、しっかりした足取りで、傍聴席から証人席に立ち、宣誓書を読み上げた。18年ぶりの対峙(たいじ)となる菅家さんはグレーのスーツ、黒のネクタイ姿で目をつぶったまま弁護人席に座っている。佐藤正信裁判長に促され、森川元検事は証人席に座った》

 《弁護人側から質問が始まる。最初に質問に立ったのは、菅家さん本人だった》

 菅家さん「森川さん。11年半もの間、無実の罪で捕まっていました。あなたはこのことをどう思いますか」

 《低く重い声で語りかけるとともに、鋭い目線を森川元検事に向ける》

 森川元検事「私は当時、主任検事として証拠を検討し、その結果、菅家氏が(松田)真実ちゃんの殺害事件(足利事件)の間違いないと判断しました。新たなDNA型鑑定で犯人でないとうかがって、非常に深刻に思っているところです」

 《森川元検事は「深刻に思っている」とは述べたものの、謝罪するまではいたっていない》

 菅家さん「宇都宮拘置支所で取り調べを受けたとき、全部やっていないと正直に話しました。このことをなぜ弁護士や裁判所に伝えなかったのですか」

 森川元検事「宇都宮拘置支所で、真実ちゃん事件の事実関係よりも(福島)万弥ちゃん事件(昭和54年の女児殺害事件)と(長谷部)有美ちゃん事件(59年の女児殺害事件)の2件の余罪について、取り調べていました。そのいきさつ中で真実ちゃん事件に触れたとしても、あくまで余罪の取り調べをしていたものです。逐一報告する必要はないと思っていました」

 《冷静に、はっきりと答えていく森川元検事。しかし、「反省」の色が見えないことに菅家さんの怒りは徐々に高まっていく》

 菅家さん「自分に無実の罪をきせたことについて、謝ってください」

 森川元検事「先ほど申したとおり、私も厳粛に、深刻に受け止めています」

 菅家さん「私の家族は苦しんでいるんですよ」

 森川元検事「申したとおりです」

 菅家さん「大変なことですよ」

 森川元検事「…」

 菅家さん「どう思います」

 森川元検事「今申したとおりです」

 菅家さん「反省していないのですか」

 《ここで、検察側が質問の趣旨がずれているとして制止に入った。しかし、菅家さんは「黙っていてくださいよ。あなたには関係ないでしょ」と、怒りを爆発させてくってかかる》

 菅家さん「私に『人間性がない』といったが、あなたの方が人間性がないんじゃないですか」

 森川元検事「人間性がないといったつもりはないです」

 《白熱する事態を押さえようと、両サイドに座る弁護人が腕を押さえて座るように要請した。冷静に戻ったのか、菅家さんは軽く一礼して質問をやめ、その場に座り込んだ。続いて、弁護側が質問を始める》

 弁護側「取り調べテープを聴いてきましたか」

 森川元検事「聴いていません」

 弁護側「今日の午前中に流された平成4年12月8日の取り調べで、『誰でも過ちがあるからこういう裁判になる』といいましたよね」

 森川元検事「記憶が曖昧(あいまい)ですが…」

 《当時の記憶を呼び戻そうとする弁護側だが、森川元検事は不確実な返答に終始する》

 弁護側「証人は過ちを犯したのでは?」

 森川元検事「過ちとはいろんな意味があるので、どこをさしているのか…」

 弁護側「『人間として誠実さを失ったら終わりだ』といいましたね」

 森川元検事「いったかどうかは…」

 《ここで、弁護側はこれまでの捜査と公判の経過を、法廷の両脇に設置された大型スクリーンに映し出して説明していく。取り調べの経過や、菅家さんが家族に無実を訴えて送った14通の手紙の送付時期などを細かく列記。強引な事件の立証状況や、菅家さんの訴えが受け入れられなかった当時の捜査のおかしさを印象づけたいようだ》

 弁護側「証人が事件の捜査に関与したのはいつですか」

 森川元検事「平成3年12月ごろからです」

 弁護側「(菅家さんが)任意同行される前に本件(足利事件)にかかわっていますよね」

 森川元検事「そういう記憶は…」

 弁護側「菅家さんが任意同行された後、どんな性格の人だと判断していましたか」

 森川元検事「非常に抽象的で答えにくいのですが…。おとなしいタイプですか」

 弁護側「人に対して反論できるかそうでないかは?」

 森川元検事「程度の問題はあったが、強く言うと反論できない、おどおどした感じです」

 弁護側「職場で女性と議論になっても反ばくできないというのは」

 森川元検事「記憶にないですね」

 弁護側「科警研(科学警察研究所)の結果を知ったのはいつですか」

 森川元検事「この事件の捜査に入る前に、『かかわるなら主任検事をしてもらう』といわれていました。そのとき概略を聞きましたが、資料をもらったか…」

 《相変わらず曖昧な答えが続き、弁護人の語気も強まっていく》

 弁護側「DNA型鑑定をどう考えていましたか」

 森川元検事「DNA型鑑定は有力な証拠だと思っていました」

 《DNA型鑑定は、菅家さんが犯人とされた重要な証拠と判断されていた。その当時の考えを、森川元検事は改めて法廷で述べた》

 弁護側「DNA型鑑定だけでは逮捕状を取れず、自白があって初めて逮捕状が取れると上司から聞いたことはありますか」

 森川元検事「それに近いことはいわれた記憶があります」

 弁護側「自白がなければ逮捕状が取れない事件なんですね」

 森川元検事「そういうふうに認識しています」

 弁護側「任意同行当日の朝刊に報道されたことが、自白を取らなければいけないというプレッシャーになったのではないですか」

 森川元検事「ちょっと分かりません」

 《DNA型鑑定だけでは証拠として不十分だったことが分かっていたため、自白を引き出す厳しい取り調べになったのだろうか。菅家さんはじっと目を閉じ、厳しい表情で口を真一文字にしたまま、その答えを聞き入った》

 =(5)に続く

【関連記事】
「怖さが先立って…」別事件での自白を菅家さんが説明 足利再審
「うそを言ったことで間違いないね」念押す検察官 足利再審
「勘弁してください」泣いて“自白”してしまう菅家さん 足利再審 
菅家さん、机を蹴り怒り表す場面も 足利再審
この日もテープ再生始まる 午後からは元検事尋問 足利再審第5回公判始まる 

日系ブラジル人を起訴猶予=ひき逃げ、代理処罰で有罪−静岡地検(時事通信)
パロマ中毒死、5月判決=元社長ら改めて無罪主張−東京地裁(時事通信)
「首相、小沢氏と一蓮托生まずい」7奉行が会合(読売新聞)
青木氏“ゾンビ出馬”…「古い自民」変わらず(スポーツ報知)
海堂氏に名誉棄損で賠償命令(医療介護CBニュース)
[PR]
by trjtnxpuuh | 2010-01-24 17:04
 政府は18日、世界遺産条約関係省庁連絡会議を開き、中尊寺など平泉の文化遺産(岩手県平泉町)を世界文化遺産に、小笠原諸島(東京都)を世界自然遺産に推薦することなどを正式に決定した。昨年9月に連絡会議が決定した暫定推薦書を専門家らが検討し、正式な推薦書が決定された。2月1日までに国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦書を提出する。

 今年夏から秋ごろ、平泉については国際記念物遺跡会議(イコモス)、小笠原諸島については国際自然保護連合(IUCN)による現地調査が行われ、11年夏の世界遺産委員会で登録の可否が審議される。

 平泉は08年に国内候補地で初めて「落選」となる登録延期となったが、前回の構成資産九つのうち一関市の遺跡など3カ所を除外して絞り込み、再度の挑戦となる。

 また、連絡会議では、世界文化遺産の石見銀山遺跡(島根県)の範囲について軽微な変更を行う申請書をユネスコに提出することも決めた。07年の世界遺産登録の際、イコモスが景観の一体性に基づき勧告した範囲の拡大などに沿い、文化財に指定する作業が終了したことを受けたもの。【本橋和夫】

【関連ニュース】
【写真特集】輝く中尊寺金色堂の細部などをみる…08年「登録延期」勧告の背景も
【写真特集】小笠原諸島 美しい海と自然、日本返還の貴重な写真も
【写真特集】小笠原の動植物をみる 島にしかいない貴重なものも…
【写真特集】日本の世界遺産をみる
【写真特集】軍艦島:近代化支えた海上都市 世界遺産めざし整備

<神戸・女性不明>知人が「埋めた」 京都の山林捜索(毎日新聞)
<人事>法務省(18日)(毎日新聞)
雑記帳 京都・三十三間堂で「通し矢」(毎日新聞)
<衆院>代表質問で与野党が激しいヤジ合戦 あきれる声も(毎日新聞)
阪神大震災 命の重み受け止めた生徒たち(産経新聞)
[PR]
by trjtnxpuuh | 2010-01-23 11:39
 衆院議院運営委員会は15日午前の理事会で、平成21年度第2次補正予算案に関する菅直人副総理・財務相の財政演説に対する各党の代表質問を19日の衆院本会議で行うことを決めた。

 与党側は、昨年の臨時国会で開催されなかった党首討論について「月1回程度開催するよう努力する」と回答。内閣法制局長官などの答弁を制限する国会法改正案を議論する議会制度協議会の早期開催も提案したが、野党側は態度を保留した。

【関連記事】
国会改革の関連法案 与党3党で合意 小沢氏「強い意志で通す」
民主党国会改革の内部資料が判明 法制局から「憲法解釈権」剥奪
与党3党 官僚答弁禁止の法改正で合意
官僚答弁禁止の国会法改正案、社民党が一転了承
亀井氏、国会法改正は「今国会で」

橋下知事「大阪府しっかり連携を」 大震災備え大規模訓練(産経新聞)
【中医協】院内がん登録など充実へ「評価」を検討(医療介護CBニュース)
障害者向け小規模多機能の生活介護を全国展開へ(医療介護CBニュース)
解明ポイントは4億円の出所…石川議員ら逮捕(読売新聞)
首相「小沢氏は同志」=メルマガでも擁護(時事通信)
[PR]
by trjtnxpuuh | 2010-01-22 16:54
 平野博文官房長官は14日の記者会見で、18日召集の通常国会から、内閣法制局長官には国会答弁をさせないことを明らかにした。官僚答弁を禁止する国会審議活性化関連法案の成立を待たずに、法制局長官を国会答弁ができる「政府特別補佐人」から除外する。憲法解釈に関する答弁は各閣僚が質問に応じて行う。

 法制局長官は自民党政権下で憲法解釈権を事実上握り、「法の番人」と呼ばれたが、平野氏はこのような考え方を「法制局長官は法的見地から内閣に助言する立場だ。法の番人という認識は少し違う」と退けた。

 政府が永住外国人に対する地方参政権(選挙権)付与法案を国会へ提出した場合、憲法論議は必至のため、法制局長官の答弁禁止は審議に影響を与えそうだ。

【関連記事】
元秘書、石川氏から証拠隠しは「小沢先生のご指示」と聞いた
森田健作知事「国籍持って投票を」 外国人参政権付与に反対表明
法制局長官、通常国会冒頭から答弁禁止 官房長官
社民・又市副党首「様々多難な年みたいな予感が」 小沢氏問題で
「石川議員に頼まれ証拠隠した」 元秘書が自民勉強会で告白

<自動車総連>賃金カーブを維持 春闘方針決める(毎日新聞)
石川容疑者事務所から水谷元幹部の名刺押収(産経新聞)
<直木賞>白石一文さん、佐々木譲さんに 白石さんは初の親子受賞(毎日新聞)
<石川議員逮捕>「考える会」政務官参加は不適当…官房長官(毎日新聞)
三重・輸送車2億円強奪 情報提供の日通元社員に有罪判決(産経新聞)
[PR]
by trjtnxpuuh | 2010-01-21 19:40
 17日午前6時15分ごろ、東京都港区西新橋1の住宅から出火、飲食店や住宅など13棟、計約560平方メートルが焼けた。東京消防庁が消防車など46台を出動させ、約7時間後に鎮火した。この火事で近所の女性(33)が煙が目に入るなどして軽傷を負った。東京消防庁や警視庁愛宕署が出火原因などを調べている。

 愛宕署によると、13棟のうち木造2階建て住宅など4棟が全焼した。昨年8月に耳かきエステ店従業員の女性(当時21歳)と祖母(同78歳)が刺殺された現場で、事件後は空き家になっていた住宅も含まれていた。

 現場はJR新橋駅から西に約600メートルの商店や住宅が建ち並ぶ一角。店舗兼住宅が焼けた飲食店の女性経営者は「バチバチと音がするので目を覚ますと、窓ガラスが真っ赤になっていた。裸足で逃げ出した」と青ざめた表情で話した。【川崎桂吾、袴田貴行】

<海上自衛隊>インド洋での給油活動が終了(毎日新聞)
体内に覚せい剤隠す=機内で苦しみ発覚、組員逮捕−大阪府警(時事通信)
駅員寝坊、シャッター開かず=客8人、始発に乗れず−JR西(時事通信)
大茶盛 初釜に歓声 奈良・西大寺(毎日新聞)
青木氏“ゾンビ出馬”…「古い自民」変わらず(スポーツ報知)
[PR]
by trjtnxpuuh | 2010-01-21 02:00
 平野官房長官は14日夕の記者会見で、大地震で被災したハイチに対する緊急支援策を発表した。

 500万ドルを上限とする無償資金協力を実施するほか、テントなどの援助物資(3000万円相当)を供与する。

 また、医療分野での支援を念頭にした現地調査のため、外務省と防衛省、国際協力機構(JICA)の職員で構成する緊急調査チーム(団長・四宮信隆ハイチ大使)を派遣する。

 平野長官は「被害者の方々にお見舞いを申し上げるとともに、一日も早い復興を祈念する」と語った。

<年賀はがき>販売枚数6年連続減 売れ残り4億枚(毎日新聞)
阪神大震災から15年、兵庫各地で追悼行事始まる(読売新聞)
<強盗>男が店員縛り65万円奪う 大阪・DVD販売店(毎日新聞)
検察幹部「小沢氏側は司法を軽んじている」(読売新聞)
寒さで?レール破断、JR千歳線2時間不通(読売新聞)
[PR]
by trjtnxpuuh | 2010-01-19 19:48
←menuへ